| JOURNAL | 2020.09.01

有料会員限定情報

千葉翔也のバッチリしようや Reading.48 パズル

まだまだ暑い日もつづく9月、千葉翔也さんと一緒に「パズル」でおうち時間を楽しみませんか? どんな絵柄が描かれているかは、完成してからのお楽しみです。さあ、Let'sバッチリ!

ちば・しょうや8月29日生まれ/東京都出身/シグマ・セブン所属/主な出演作品は、「Summer Pockets REFLECTION BLUE」(鷹原羽依里)、「地縛少年花子くん」(源光)、「グレイプニル」(池内)ほか。

撮影福岡諒祠
ヘアメイク横手寿里
キツカワトモ


Lの真っ白なパズルにあこがれていました


どんな絵柄かわからないまま、散らばったピースを前に臨戦態勢の千葉さん。実はこれ、とある写真がパズルになっています。スタッフが想定する制作時間は、1時間。総数が165ピースという手がかりを得るやいなや「ということは、13×13くらいかな?」と縦横の数を予測して四辺からつくり始めるところが、さすがパズル慣れしていますね。


「パズルといえば、子供のころによく妹といっしょにつくっていました。おじいちゃんとおばあちゃんが、完成したものを額縁に入れて飾ってくれたんですよ。金閣寺やドイツの有名なお城、世界中の景色のパズルをつくった思い出があります。100ピースくらいの簡単なものを使って、スピード勝負もしましたね。懐かしいなあ。あと『DEATH NOTE』のLが真っ白いパズルをやっているのがかっこよくて、あこがれでした。今、おうちでできる趣味を探している人も多いと思うのですが、パズルをオススメします!」



コラムの続き

メイキング+コメントムービー

チェキプレゼント
はこちらから!



こちらの記事は有料会員限定です。
月額550円(税込)で有料会員になると
「KIKI-VOICE.JP」「おみくじ四兄弟」の
すべてのコンテンツがお楽しみいただけます。

会員規約に同意して有料会員登録をする

一覧へ戻る