| JOURNAL | 2021.03.18

有料会員限定情報

中島ヨシキの今日より明日、もっといいこと ~第57回「アイドルマスター」~

皆さんこんにちは、中島ヨシキです。
本日3月14日(日)、処は武蔵野の森総合スポーツプラザ。
「THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING WELCOME TO PLEASURE 315 G@RDEN!!!」Day2の当日でございます。
この書き出しは楽屋にて、合間の空き時間に書いてます。共演者のメンバーも「おっ、台本書いてんのか」くらいの認識になってきている今日この頃。もはやそんなに驚かれたりもしなくなりました。
コラムの前に構成と演出を担当している「-マイラジ」の台本を書いて送ったら、プロミのトーク部分の構成を担当していた構成作家の篠崎さんに「俺も空き時間に3本台本書いたわ〜」とまるで作家仲間のように声をかけられました。相変わらず居心地の良い現場です。

僕が山下次郎と共にステージに立つのは、SideM単体としては2019年5月の4thライブぶり、フェスには2019年10月の「バンナムフェス」に出演させていただいたぶりで、およそ1年半の歳月があっという間に経っていることになります。2020年はまるまる何もできなかったからまぁそうなるよね。

というわけで今月のテーマは「アイドルマスター」について。

……と書いたところまでがプロミ直前。
ここからはプロミ終了後の中島ヨシキがお送りします。



コラムの続き
はこちらから!



こちらの記事は有料会員限定です。
月額550円(税込)で有料会員になると
「KIKI-VOICE.JP」「おみくじ四兄弟」の
すべてのコンテンツがお楽しみいただけます。

会員規約に同意して有料会員登録をする

一覧へ戻る

  • webNewtypewebNewtype