| JOURNAL | 2018.03.01

有料会員限定情報

「中田祐矢のなんでもやってみちゃいます」第21回クレイアニメ制作体験 前編

「中田祐矢のなんでもやってみちゃいます」をご覧の皆様、どうもこんにちは! 中田祐矢ですよ。

この連載、前回で20回を迎えましたよね?
そこでしみじみ思ったんですよ、本当にいろんな体験に挑戦させていただいているなと。
茶道から始まり、ボルダリングに和太鼓……。
どの体験でも今まで知らないことがたくさんあったし、体験してみて発見することもたくさんあって、楽しかったなぁ。いや、大変なことも多かったけど!

20回目の「犬とのふれあい編」では、厳しい冬の寒さの中で震える僕の体と心を、天使のようなワンちゃんたちが温めてくれました。
でも温まった瞬間、雪の中の散歩に投げ出された時は正直寒かったよ! ワンちゃんは喜んでたけど!

そんなことを思い出しながら、ふと考えたんですよね。
皆さん! 忘れてませんか!? 僕、声優ですよ!
編集部さん。そろそろアニメっぽい何かでチャンレンジしませんか!?

なぁんて話をしていたら、本当に決まってしまいました。21回目にして初めてのアニメーション体験企画。
しかも挑戦するのはクレイアニメ制作!
クレイアニメっていうのは、静止している物体を1コマごとに動かして撮影する「ストップモーション・アニメーション」の中でも、クレイ=粘土を材料にして作られるアニメーションのこと。
今回は、なんと「ニャッキ!」や「HARBOR TALE」などを制作されている伊藤有壱監督に教えていただきました。


「ニャッキ!」といえば、20代の人なら一度は見たことあるって言ってもいいぐらいの長年放送されているクレイアニメ。伊藤監督は、かの東京藝術大学大学院でゼミを開いていて、そのゼミを修了した作家さんたちがアニメーションを発表する「ストップモーション アニミズム展」(at 横浜)にも特別参加されるそうです。

と話は戻って、ゲームやテレビアニメの制作工程ってなんとなくイメージできるけど、クレイアニメがどう作られているのか、その様子を知る機会ってなかなかないと思うんです。
だから、体験といっても僕にできるんだろうか? もしかしたら、とてつもなく難しかったりするんじゃ……って不安もあったんです。
でも、またとないこの貴重な機会に、どんな発見があるのか、どんな自分を見つけられるのか、ワクワクしてきた。


よし! やったるぞーーーーー!!!!!

なかだ・ゆうや5月31日生まれ/富山県出身/リンク・プラン所属/出演作品は、「アイドルマスター SideM」(清澄九郎)、「スタレボ☆彡 88星座のアイドル革命」(城北ノエル)ほか多数。特技は手先が器用なこと。身長180cm

いとう・ゆういち I.TOON代表。クレイを中心にあらゆる技法を駆使し、ジャンルを横断して幅広く活動するアニメーションディレクター。ミスタードーナツ「ポン・デ・ライオン」CM、平井堅「キミはともだち」MN他多数に携わる。東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授。2018年3月4日~18日まで「ストップモーション アニミズム展」開催


撮影松本祐亮
ヘアメイク高橋優(fringe)


▼▼

コラムの続き

中田祐矢コメント動画

サイン入りチェキプレゼント
はこちらから!


▼▼


こちらの記事は有料会員限定です。
月額540円(税込)で有料会員になると
「KIKI-VOICE.JP」「おみくじ四兄弟」の
すべてのコンテンツがお楽しみいただけます。

会員規約に同意して有料会員登録をする

一覧へ戻る

おみくじ四兄弟webNewtype

  • webNewtypewebNewtype
  • 有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」
  • webNewtypewebNewtype