| JOURNAL | 2018.05.24

有料会員限定情報

市川太一&八代拓の市か八か! 5月号【SIDE:八】


事務所の先輩&後輩であり、同い年コンビの八代拓さん&市川太一さんによる好評連載「市(イチ)か八(バチ)か!」。
その月ごとの2人の“旬”を、それぞれの視点から月2回(毎月第2・4木曜更新予定)のコラム形式でお届けします。

春といえば、桜!ということで、今回はお花見へ行くことに。今度は八代さんのコラムをお楽しみください!


写真左)やしろ・たく1月6日生まれ/岩手県出身/ヴィムス所属/主な出演作品は、「アイドルマスター SideM」(柏木翼)、「千銃士」(ブラウン・ベス)ほか。
写真右)いちかわ・たいち2月4日生まれ/東京都出身/ヴィムス所属/主な出演作品は、「カブキブ!」(来栖黒悟)、「ひらがな男子 いつらのこゑ」(う)ほか。

撮影山口宏之
ヘアメイク杏奈
撮影協力国営昭和記念公園




▼▼▼




桜の素晴らしさは散るところにあるんですよね。たった数日、奇跡のような景色を見せ、すぐに散っていく。その様子が本当に潔くて、この季節を代表するシンボルになっています。日本にはたくさんの桜をテーマにした楽曲があり、そのほとんどが散りゆく様を歌っています。このことからも桜がいかに情緒的かを物語っています。


それでは聴いていただきましょう。





「森山直太朗」さんで



『さくら』





コラムの続き

メイキング+コメント動画

サイン入りポラプレゼント
はこちらから!



こちらの記事は有料会員限定です。
月額550円(税込)で有料会員になると
「KIKI-VOICE.JP」「おみくじ四兄弟」の
すべてのコンテンツがお楽しみいただけます。

会員規約に同意して有料会員登録をする

一覧へ戻る