| MONTHLY | 2018.06.04

有料会員限定情報

COVER VOICE 23 寺島惇太: 第2回「作品とキャラクターとの出会いが与えてくれたもの」

朝ごはんは飲み物だけですませるという寺島惇太さんでしたが、午前中の仕事を終えて、お昼の時間になりました。お腹が空いた寺島さん、ボリュームのあるランチを食べに行くのでしょうか? 「MONTHLY COVER VOICE」第2回は、寺島さんのランチ事情から始まります。

てらしま・じゅんた8月11日生まれ/長野県出身/ケンユウオフィス所属/主な出演作品は、「KING OF PRISM」シリーズ(一条シン)、「TSUKIPRO THE ANIMATION」(藤村衛)、「アイドルマスター SideM」(大河タケル)、「A3!」(御影密)ほか。

撮影田上富實子
スタイリング千葉良
ヘアメイク山下由花
大曲智子
衣装協力 tk.TAKEO KIKUCHI


出されたものは全部食べる精神

「数年前まではまだアルバイトをしていたんですが、その頃って1日の食事の中でランチが一番適当だったんです。お金もないし、だいたい牛丼(笑)。でも声優一本で仕事するようになった今、朝10時スタートのアフレコの仕事はお昼過ぎに終わることが多いので、そういうときはなるべくランチを食べるようにしています。焼き魚定食とか、できるだけ栄養のバランスが取れたランチ。今は1日の食事の中で、お昼が一番楽しみかもしれません」


「高校時代は母親が作ってくれたお弁当を食べていたけど、それじゃ足りなくて、購買でパンを買って食べていましたね。それでも午後になるとすぐお腹が空くっていう。専門学校の時は学食があって、大盛りパスタが190円とかだったんですよ。そればかり食べてたなぁ。(差し入れのお団子を食べながら)これだけ食べながら言っても説得力ないかもしれないですけど、今はそんなに量を食べなくなったんですよ(笑)!? でも昔は、出されたものは全部食べていましたね」


こちらの記事は有料会員限定です。
月額540円(税込)で有料会員になると
「KIKI-VOICE.JP」「おみくじ四兄弟」の
すべてのコンテンツがお楽しみいただけます。

会員規約に同意して有料会員登録をする

おみくじ四兄弟webNewtype

  • フォト&エッセイ「健康で文化的な最低限度の生活」フォト&エッセイ「健康で文化的な最低限度の生活」
  • webNewtypewebNewtype
  • 有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」
  • webNewtypewebNewtype