| NEW COLOR | 2018.11.28

有料会員限定情報

NEW COLOR VOICE 05:井上雄貴 後編「憧れというより、身近で落ち着く存在になりたい」

KIKIが注目するホープたちの“これまで”と“これから”を前後編にわたってお届けする「NEW COLOR VOICE」。後編では、アニメだけでなく、WEB配信番組やラジオなどパーソナルな部分でも活躍している、井上さんのお仕事やプライベートについて伺いました。

いのうえ・ゆうき1月23日生まれ/神奈川県出身/マウスプロモーション所属/主な出演作品は、「天使の3P!」(貫井響)、「アトム ザ・ビギニング」(A106)、「かくりよの宿飯」(サスケ)ほか。

撮影山口宏之
ヘアメイク三浦真淑(addmix B.G)
垳田はるよ


経験を重ねるごとに生まれる「学ぶ余裕」

「『アトム ザ・ビギニング』は、A106というロボットの役。ロボットなので、画面上には出ていて活躍しているのですがそこまでセリフは多くなくて。なので、第1話は、初仕事だったドラマCDの現場同様、最後に『おやすみなさい』というセリフ一言でした。でも、セリフを言うとき、他の方々は出番が終わっているので着席しているんですよ。そうそうたるメンバーが後ろに座っている中、ひとりポツンと立ってセリフを言う緊張感(笑)! 第1話なので、その場にいる全員が『A106はどんな声なんだろう?』と注目していて、あまりの緊張感で、その瞬間のことは真っ白になってしまって覚えていないですね(笑)」


「A106はロボットで、最初はプログラムされた言葉をしゃべるだけで、感情の起伏はない、という設定なんです。今まで、お芝居は会話でするものだと教わって練習してきたのですが、佐藤(竜雄)監督からは『会話をしないように』とディレクションをいただいて、相手のお芝居に心を動かれされないようにするのが難しかったですね。掛け合いをしてみたい素晴らしい先輩声優の方々がたくさんいる中で、会話をしないで表現するというのが大変でした。ただ、中村(悠一)さんと寺島(拓篤)さんの掛け合いには圧倒されました! ロボットが大好きな博士2人という設定なので、すごい熱量でお芝居なさるんですよね。現場で勉強できるようになったというのは、緊張で真っ白になっていた頃と比べると多少余裕ができたのかな、と思います」




コラムの続き

コメントムービー

チェキプレゼント
はこちらから!



こちらの記事は有料会員限定です。
月額540円(税込)で有料会員になると
「KIKI-VOICE.JP」「おみくじ四兄弟」の
すべてのコンテンツがお楽しみいただけます。

会員規約に同意して有料会員登録をする

岡本信彦「VR」動画特設ページ岡本信彦「VR」動画特設ページ

おみくじ四兄弟おみくじ四兄弟

  • フォト&エッセイ「健康で文化的な最低限度の生活」フォト&エッセイ「健康で文化的な最低限度の生活」
  • 市川太一&八代拓の市か八か!ユアセレクトカレンダー2019市川太一&八代拓の市か八か!ユアセレクトカレンダー2019
  • webNewtypewebNewtype
  • 娘TYPE娘TYPE
  • 有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」
  • webNewtypewebNewtype