| NEW COLOR | 2018.12.12

有料会員限定情報

NEW COLOR VOICE 06:仲村宗悟 前編「葛藤続きの中でも、芝居に触れている時間がすごく楽しかった」

KIKIが注目するホープたちの“これまで”そして“これから”を、前後編にわたってお届けする「NEW COLOR VOICE」。第6回は、「アイドルマスター SideM」天道輝役、「TSUKIPRO THE ANIMATION」久我壱星役で注目を浴びる仲村宗悟さんです。ミュージシャンを目指した青年は、どのようにして声優と出会ったのか。前編では、声優になるまでの道のりについて語ってもらいました。

なかむら・しゅうご7月28日生まれ/沖縄県出身/アクロス エンタテインメント所属/主な出演作品は、「アイドルマスター SideM」(天道輝)、「TSUKIPRO THE ANIMATION」(久我壱星役)、「オンエア!」(天神陽人)ほか。

撮影山口宏之
ヘアメイク横手寿里
岩倉大輔


泣き虫少年のリベンジ

「小学生の頃は体が弱かったこともあって、かなりインドアなタイプだったんです。沖縄出身というと大自然の中を走り回っているようなイメージをもたれますが、そんなことはありません(笑)。もちろん、外に出るのは好きでした。でも、体は弱いし、泣き虫だしで、家でゲームをするほうがずっと好きだったんです。当時はスーパーファミコンにハマっていて、『FF』シリーズ、『ドラクエ』シリーズはこれまで全部プレイしていますし、ほかにも『天外魔境ZERO』、『スーパーマリオRPG』、『クロノ・トリガー』が好きでした」


「意識が変わったのは中学に入る頃でした。小学6年生ぐらいにはすっかり体も強くなって、それなりに運動もできるようになって。なので、中学に入ってからは、友人がハンドボール部に入るということで僕もハンドボール部に入りました。スポーツの成績がどんどん伸びていったのが嬉しかったですね。僕が通っていた中学校はスポーツテストの成績が貼り出されるのですが、中学1年生のときは50位圏外だったのが、2年生で18位、3年生で2位とどんどん成績があがっていって。スポーツが大好きになりました!」




コラムの続きは
こちらから!



こちらの記事は有料会員限定です。
月額550円(税込)で有料会員になると
「KIKI-VOICE.JP」「おみくじ四兄弟」の
すべてのコンテンツがお楽しみいただけます。

会員規約に同意して有料会員登録をする