| PICK UP | 2016.11.19

“声優アーティスト”下野紘が魅せるスペシャルステージ「ONE CHANCE」【昼の部】レポート


声優デビュー15周年・下野の挑戦

10月9日、パシフィコ横浜・国立大ホールにて“PONY CANYON創立50周年・下野紘スペシャルステージ 「ONE CHANCE」”が開催された。昼と夜の二部公演で、8000人以上もの観客を動員。それぞれ趣向の異なるプログラムでもって“声優アーティスト”下野紘の魅力を、存分に味わえるステージとなっていた。

昼の部は、下野が10個の世界記録に挑む「ギネスにONE CHANCE!!」のコーナーからスタート。30秒間で風船をお尻で割ったり、フライパンを折り曲げたり、1分間で顔にふせんを貼り付けたりと、どれも体を張ったチャレンジながら、下野は全身全霊で挑んでいく。その度に、客席からの黄色い声援はもちろん、男性ファンからの野太い声が飛び交っていた。残念ながらどれも記録更新とはならなかったが、「1分間でバナナを何本食べられる?」と「30本の色付き傘を仕分けた最速タイム」というチャレンジでは、好成績をマーク。下野も「バナナと傘はワンチャンあると本気で思ってます。もしかすると、また何かのイベントでチャレンジするかもしれないので、そうなったらまた応援してください」とファンに呼びかけていた。


続いては、ショートコントのコーナーに。1本目の「ヒーロー・下野紘のリアル」では、MCを務める伊達忠智をはじめ、飯田友子、岩澤俊樹、高城元気も登場し、事務所の先輩、後輩ならではの息のあったやりとりを披露。さらに下野が早口言葉や得意の即興ソングを一発でバシッと決め、会場は大興奮だった。2本目の「吸血鬼・ヒロキュラ」でも、好物のからあげネタなどをまじえつつ、MCの伊達が女装した伊達子との軽妙な二人芝居で観客を爆笑させる。


ラストは、お待ちかねのライブパート。今年3月にメジャー・デビューを果たし、2枚のシングルをリリースしたばかりの下野だが、5人編成の生バンドを従え、「リアル-REAL-」「約束」「ONE CHANCE」「beyond…」を熱唱した。さらにサプライズとして、未発表曲「colors」も披露。そしてアンコールにて、2017年にミニアルバムのリリースが決定したとの発表があり、会場からは悲鳴に近い歓声が響き渡る。下野自身も「これで一気に曲数が増えたので、もっとちゃんとライブやれる」と、次のステージへの意欲をのぞかせていた。この先、“声優アーティスト”下野紘がどんな色を見せてくれるのか、期待が膨らむステージとなったことは間違いない。


SET LIST
M1 ONE CHANCE
M2約束
M3 beyond…
M4 colors
M5 リアル -REAL-
~ENCORE~
M6 リアル-REAL-
M7 ONE CHANCE

藤谷燈子


“声優アーティスト”下野紘が魅せるスペシャルステージ「ONE CHANCE」【夜の部】レポート >>>

おみくじ四兄弟webNewtype

  • webNewtypewebNewtype
  • 娘TYPE娘TYPE
  • 有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」
  • webNewtypewebNewtype