| PICK UP | 2022.04.22

「必ずまた未来で会いましょう」と約束をかわして——。「鈴村健一 LIVE TOUR 2022 “ぶらいと”」東京公演レポート

4thアルバム「ぶらいと」をひっさげ、約5年ぶりに行なわれたライブツアー「鈴村健一 LIVE TOUR 2022 “ぶらいと”」で大阪・愛知・神奈川の3都市を巡った鈴村健一。4月2日(土)には、ツアーファイナルを飾る追加公演が、東京・豊洲PITにて開催された。今回はツアーの締めくくりにふさわしい、「音楽の力」に満ちあふれた豊洲PIT公演の模様をお届けする。

「声は出せなくても心で言って!」
音楽を通じてファンとひとつに——


約3年ぶりの有観客ワンマンライブにして、ライブツアーとしては約5年ぶりとなる「鈴村健一 LIVE TOUR 2022 “ぶらいと”」。まさにファン待望となるステージのオープニングを飾ったのは、キラーチューンの「あいうえおんがく」だ。バンドの生演奏とともに観客のクラップが鳴り響き、1曲目にして会場は熱気に包まれた。拳を突き上げながらステージへと現われた鈴村は「最高の1日にしよう!」「ファイナル、行くぞー!」と呼びかけ、大きく手を振る客席を見渡しながら満面の笑みを浮かべる。続く「All right」「ミトコンドリア」では、コール&レスポンスの代わりにファンも拳を振り上げ、「声は出せなくても心はひとつ!」という鈴村の言葉が体現されたステージとなった。


「フランケンシュタイナー」「シロイカラス」で芯のある鈴村の歌声と圧巻のバンドサウンドを十二分に味わうと、ツアータイトルにも掲げられている4thアルバム「ぶらいと」のブロックへ。昨秋、約7年半ぶりにリリースされたフルアルバム「ぶらいと」は、コロナ禍に制作されたこともあり「今のご時世柄、いろいろと思ったこと」が楽曲の空気感に反映されたものになったという。そのため完成当初は「正直、暗いって言われたらどうしようかなと思って(笑)」と、少なからず不安もあったことを打ち明けた鈴村。一方で「前へ進んでいこうよ、という思いを詰め込んだつもりです」とも語り、「作品を受け止めて、受け取ってくれた皆さんに、何かしら人生の糧にしていただけたらうれしいです」とメッセージを寄せた。そして「自分でもずっとやってみたかった演出を自信をもって届けたい」という鈴村の言葉で、ライブの第二幕がスタートする——。

楽曲とサンドアートが織りなす
アルバム「ぶらいと」の世界観


青い光に照らされるステージでスポットライトを浴びた鈴村は、ひとり静かに、握った手から白い砂をこぼしていく。どこか幻想的なその光景を前に、会場は静けさに包まれた。やがてアルバム「ぶらいと」のオープニングナンバーである「いとの予感」(Instrumental)が流れだし、スクリーンに砂によるアニメーションが! こちらは鈴村からの依頼で、作家・作詞家としても活躍する声優の浅野真澄が、アルバム「ぶらいと」の楽曲からインスパイアされたストーリーの執筆を担当。それをもとにサンドアート集団SILT(シルト)がサンドアートパフォーマンスを手掛け、アルバム「ぶらいと」に込められたメッセージが新たな表現を通じて観客の前に現われた。


その後も、楽曲とサンドアートが交互に「ぶらいと」の世界観を描き出していく。印象的なコーラスから幕を開ける「開け!」、真っ赤な蜘蛛の糸を背負って歌う「くものいと」、セットを使って観客と〝かくれんぼ〟を楽しむ「HIDE-AND-SEEK」。さらに「brand new」「リズム」と続き、アルバムの収録曲順になぞって楽曲を披露するという、もうひとつの演出が浮かび上がってくる。


記憶をテーマにした「また会える」、ドラマチックに展開していく「ねがいのいと」を経て、ライブは「先へ」とたどり着いた。苦しく、切実な心情を描きながらも「進もう」と歌った鈴村の影が、サンドアートの登場人物のシルエットに溶けていく。スクリーンには砂で書かれた「先へ」というメッセージが残され、感動と熱気に包まれた会場は惜しみない拍手を送り続けた。


アンコールに登場した鈴村は、ユーモラスな歌詞がたまらない「ポジティヴマンタロウ」、そして〝原点〟である「INTENTION」を披露。さらにWアンコールとして選んだ「SHIPS」を、ときに雄叫びをあげるように熱唱し、ファンとともに拳を天に突き上げた。


MCではラジオ番組さながらに軽快なトークを繰り広げつつ、「音楽って本当にすごいよね」と感慨深そうにライブツアーを振り返った鈴村。「エンタメの火は絶やさない」「必ずまた未来で会いましょう」と力強く誓った姿は、輝く、明るいという意味をもつ「ぶらいと(bright)」そのものだった。


「鈴村健一 LIVE TOUR 2022 “ぶらいと”」
2022年4月2日(土)東京・豊洲PIT 

SET LIST
M1.あいうえおんがく
M2.All right
M3.ミトコンドリア
M4.フランケンシュタイナー
M5.シロイカラス
M6.いとの予感(Instrumental)
M7.開け!
M8.くものいと
M9.HIDE-AND-SEEK
M10.brand new
M11.リズム
M12.月のうた
M13.太陽のうた
M14.My Life Summer Life
M15.turn on a radio
M16.また会える
M17.ねがいのいと
M18.先へ
EN1.ポジティヴマンタロウ
EN2.INTENTION
EN3.SHIPS

藤谷燈子

  • webNewtypewebNewtype