| PICK UP | 2022.08.24

「GOALOUS5」がサバイバルゲーム&エチュードに挑戦! 「GO5チャンネル」撮影レポート&メンバーインタビュー

9月23日(金)発売予定のボイスドラマ第3弾にて、新たに狩野翔と濱野大輝が参戦することが電撃発表された「GOALOUS5(ゴーラスファイブ)」。発売に先立ち、WEB番組「GO5チャンネル」(YouTube・ニコニコ動画)では、ボイスドラマコラボ回を配信! 熊谷健太郎、小松昌平、寺島惇太、仲村宗悟、深町寿成の5人がサバイバルゲーム&エチュードに挑戦したロケの模様をお届けする。

「GOALOUS5」
CAST
熊谷健太郎、小松昌平、寺島惇太、仲村宗悟、深町寿成

「GO5チャンネル」
WEB https://ch.nicovideo.jp/go5channel
   https://www.youtube.com/channel/UCS-SN6YFilACrIE6CRE8s1w
Twitter @sir_goalous

運営:株式会社ジークレスト

撮影竹中智也
藤谷燈子


〝戦闘訓練〟開始!


2次元キャラクター化プロジェクト「MISSION:GO5」ボイスドラマ第3弾では、首領の指令により、「GOALOUS5」の面々がバーチャルリアリティの世界で戦闘訓練を実施。そんな5人の前に、「RIVALZ(リバルズ)」と名乗る2人組が現われ、幹部の座を賭けた勝負を挑まれるストーリーとなっている。狩野翔が演じるリバルズオレンジ・燈灯夜、そして濱野大輝が演じるリバルズパープル・藤崎紫狼役がどう絡んでくるのか――。

期待が高まるなか、WEB番組「GO5チャンネル」ではボイスドラマコラボ回を配信中だ。都内にあるサバゲースタジオ「Brave Point 台場店」を舞台に、熊谷、小松、寺島、仲村、深町の5人が〝戦闘訓練〟並びに〝仮想戦闘訓練〟を行なった。

5人は特別仕様の衣装に身を包んで登場。ミショゴこと「MISSION:GO5」のキャラクターたちが着用しているパーカーを実際に制作したもので、軽い着心地で動きやすい仕上がりながら、厚みのある生地となっている。なお5色のパーカーは、ジークレストアにて予約受付中だ。


7月20日(水)より配信がスタートした戦闘訓練は、くじ引きによりA・Bの2人1組のチームと、重要人物役にわかれて行なわれた。スタートと同時に重要人物のもとに向かい、自分たちの陣地へと連れ帰ることができたチームが勝利となる。5人はゴーグル、ヘッドギアなどをまとい、ハンドガンサイズの電動ガンを手に訓練へと向かう。5人の姿を追いかけるスタッフ陣も完全装備だ。


初戦はAチームにホワイト(仲村)とピンク(深町)、Bチームにブルー(熊谷)とイエロー(寺島)、重要人物役にグリーン(小松)という配役に決定。サバイバルゲームの経験者だというブルーとホワイト、今回が初体験となるイエロー、ピンクがそれぞれシャッフルされたこともあり、勝負の行方は完全に未知数だ。舞台となるスタジオは監獄をイメージしたつくりになっており、数多くの独房が並び、まるで迷路のように無数のルートが存在している。やがて開始の合図とともに両チームが動き出すが、1戦目から衝撃の結果が待っていた……!


8月17日(水)より配信中の仮想戦闘訓練では、あらかじめ首領に指定された「敵地潜入」「爆弾解除」などのお題となる戦闘シチュエーションごとに、ひとりずつエチュードを披露した。バディとなる相手役がカメラの向こうにいると想定しながら物語を進めていき、最後にここぞというタイミングで決め台詞を放つというルールだ。

エチュードの様子は別の場所からモニターで確認することができ、残りの4人がにぎやかにコメントしながら見守るスタイルで盛り上がる。カメラが回っていないところでも、5人が爆笑しながらお互いの即興芝居にツッコミを入れあう姿が見られ、撮影現場は大いに盛り上がっていた。


トップバッターを名乗り出たホワイトは、わずかな準備時間にもかかわらずリアルすぎる設定を持ち込み、相手役として話しかけられるカメラマンがこらえきれずにふき出してしまう。「私は基本に忠実なタイプだ」とのコメントを残して挑んだピンクは、言葉とは裏腹に斜め上の演技プランを披露。体を張った登場シーンには、離れて見守っていたスタッフ陣からもどよめきの声が上がった。



グリーンは小道具にもこだわり、とあるものをリクエスト。「ひとこと目から笑わせにくる」とメンバーにツッコミを入れられながらも、戦闘シチュエーションらしく動きのあるお芝居を見せた。「ここで攻めるのが今期のブルー」と送り出されたブルーは、斬新な演技プランにより謎の新キャラクターを生み出す。しかしキャラ立ちしすぎたせいか決め台詞が言えず、まさかの展開が待ち受ける。



カメラマンとの事前打ち合わせが最長となったイエローは、4人から期待値を爆上げされながらエチュードに挑んだ。5人のなかで最もシリアスな設定とあり、繊細なお芝居で進めていくが……?  仮想戦闘訓練のラストには、1組だけペアによるエチュードも行なわれ、笑劇の結末を迎えることに。どんなお題・決め台詞を、5人がいかに演じることになったのか、ぜひ配信で確かめてほしい。

3周年に突入後も、ますます勢いづくGOALOUS5。「お昼のショッカーさん」とのコラボによるアニメ化、9月に開催予定のサンリオピューロランドでのイベントなど、今後も続々と展開される声福活動を楽しみにしていよう。




続きはこちらから!
後半ではメンバーインタビューをお届け♪
無料会員登録でどなたでもお楽しみいただけます。


こちらの記事は会員限定です。
会員登録をすると
続きをお読みいただけます。

会員規約に同意して会員登録をする