| PICK UP | 2017.10.17

舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『マスカレイドミラージュ』」初日記者会見レポート

「うたの☆プリンスさまっ♪」のアイドルたちによる演劇公演をテーマとした「劇団シャイニング」シリーズが、新たな座組にて再始動。今年6月に上演された第1弾『天下無敵の忍び道』に続いて、第2弾『マスカレイドミラージュ』の幕が開けた。9月28日(木)、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて、行われた公開ゲネプロ前の囲み会見では、レイジー役の染谷俊之、シーノ役の田川大樹、アインザッツ役の太田基裕が登壇。それぞれが、舞台へ掛ける意気込みを語った。

レイジー役 染谷俊之



「レイジーは、優しくて、妹思いで、いつも笑顔です。ただ、それには理由があって……。また、貴族扱いされることが嫌なレイジーにとって、気兼ねなく接してくれる幼馴染みのシーノは、唯一、心を許せる存在ですが、そんな彼に対しても秘密を抱え、苦悩します。豪華なセットや衣装による耽美(たんび)な世界を楽しんでいただきつつ、誰でも共感できるような悩みが描かれている部分もありますので、ご覧になられた方々に、何か感じていただけるよう、頑張ります」

シーノ役 田川大樹



「シーノは、ちょっと変わった一面もありますが、優しくて強い人。思いやり深くて、警察官として活躍しているときにも、そんな彼らしさが出ています。また劇中では、殺陣があります。戦い方に登場人物それぞれの個性が出ています。大乱闘シーンにはぜひご期待ください。この3人以外にもいろいろな人物が出てきて、それぞれの物語が存在するところも見どころなので、たっぷり楽しんでください」

アインザッツ役 太田基裕



「アインザッツは……怪盗です。今は、それしか言えません(笑)。ただ、心の奥底にさまざまな思いを抱えている人物です。全体としては、舞台ならではのパワーを感じていただける作品だと思います。レビューコーナーでは、みなさんにもペンライトやスカーフを振って参加していただきたいです。素敵な思い出になるよう、僕らも頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!」


絢爛耽美な非日常の世界へ



仮面舞踏会、それは貴族たちの秘密の社交場。高貴な香りをまとう者たちが集い、素性を明かすことなく戯れる。ある夜、仮面舞踏会の主催であるジルコニア家に、一通の予告状が届いた。「今宵、最高の美女をいただきに参上する」――。差出人の名は「怪盗アインザッツ」。名門貴族の跡取りのレイジーは、かつてアインザッツに盗まれた妹のネックレスを取り返すべく、警察官でもある親友のシーノと共に舞踏会に潜入し……。



公演前の囲み会見において「キャラクターの関係性」を問われたキャスト陣は「宝石を盗もうとする『怪盗』に対し、それを捕まえようとする『探偵』と『警察官』、といった関係」と語った。本編では、物語が進むにつれて、そんな登場人物たちの“仮面”の下に秘められた真実が明らかになっていく。また、劇中の華やかなダンス、歌唱、迫力のアクションに目を奪われるうちに、現実を忘れ、幻想の舞踏会へと引き込まれていくことだろう。



本編終了後には豪華絢爛なレビューコーナーも! それまでの世界観から一転、煌びやかな照明、華麗な歌とダンスのパフォーマンスに心を奪われる。客席に降り、公演グッズのスカーフを振るキャストと観客からは笑顔がこぼれた。

10月8日(日)、新神戸オリエンタル劇場にて全13公演が終了したが、2018年2月2日(金)にDVD&Blu-rayの発売が決定している。


劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪
『マスカレイドミラージュ』

WEB http://gs-masmira.com/
Twitter @gekidan_shining
CAST
レイジー=染谷俊之 シーノ=田川大樹 アインザッツ=太田基裕
ジェルマン=窪寺昭 ジャスパー=堀池直毅 スペンス=岸本卓也 ジルコニア=関戸博一

STAFF
原案=「うたの☆プリンスさまっ♪ 劇団シャイニング マスカレイドミラージュ」
脚本・演出=ほさかよう(空想組曲)
音楽=Elements Garden
(C)劇団シャイニング

キツカワトモ