| PICK UP | 2017.11.08

世界が輝いて見える瞬間! 舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」に懸けるキャストの想い

劇場アニメーション「KING OF PRISM」シリーズの舞台版「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」が、いよいよ開幕。明日の「プリズムスタァ」をめざす少年たちの夢に掛ける思いが、今、舞台から世界を輝かせる――! 主役の一条シンおよびOver The Rainbowの3人にフォーカスした「ボイスニュータイプ No.065」に続き、エーデルローズのスタァ候補生6人を演じるキャストたちの意気込みをお届けします!


太刀花ユキノジョウ役 横井翔二郎


――太刀花ユキノジョウの好きなところは?

横井 凛とした、純日本人的な美しさ。歌舞伎界のプリンセスという役なのでいろいろと努力しなければ、ユキ様には近づけないだろうなと覚悟しています。ただ、意外と天然だったりもするんですよね(笑)。夢に向かって真っ直ぐなところも、好きだな。僕自身も、子供のころから反骨心を抱きながら己の信じた道を進んできたので、自分の心に忠実であろうとするところは共感できます。

――最近「世界が輝いて見えた」のはどんな時ですか?

横井 舞台やライブに行って、目の前で命を燃やしている人の姿を見ると、それだけで幸せになりますね。この作品は、その喜びをいろんな表現で描いているところがおもしろいなと思います。それから、最近だと、メインキャラクターを演じさせていただいた舞台の千秋楽前夜、尊敬できる役者の方たちと宿泊先のホテルの部屋に集まったんです。すごく熱い話ができたし、自分が「仲間」と思える人たちと出会えたんだと実感しました。出会い運には自信があるので、このカンパニーも楽しみです。


――舞台への意気込みを!

横井 実際に「KING OF PRISM by PrettyRhythm」を見て「これは、愛される作品だ!」と、あらためて感じました。僕たちも愛を持って稽古場に向かい、本番は「無限ハグ」の勢いで、お客さまにお届けしたいです。期待だけして、劇場に来てください!


よこい・しょうじろう 1月28日生まれ。趣味は散歩。主な出演作品に劇団シャイニングfrom うたの☆プリンスさまっ♪「天下無敵の忍び道」(セシル丸)、舞台「四月は君の嘘」(相座武士)など。


香賀美タイガ役 長江崚行


――香賀美タイガにどんな印象を持ちましたか?

長江 カヅキ先輩への真っ直ぐな思いを抱いていて、それが自分のパワーになっているのだと感じました。僕自身も役者の世界であこがれて、追いかけている先輩たちがいるので、共感します。「KING OF PRISM by PrettyRhythm」で「カヅキ先輩が、おめーなんかに、負けるわけねえだろ!」というセリフがあるのですが、わかるなあって。自分が先輩に「どうして変わっちゃったんですか!?」って言うのはいいけど、他の人に言われるのは許せないんですよ。

――最近「世界が輝いて見えた」のは、どんなときですか?

長江 出演させていただいた舞台のカーテンコールで、ご挨拶させていただくときです。泣いたり笑ったり、お客さんがいろんな表情をされているのが見えて、そのひとつひとつがすごく煌めいているんです。今回も、まず、みなさんに感動していただける舞台を作り上げて、その輝きを受け取っていきたいなと思います。


――舞台への意気込みを!

長江 とても愛されている作品なのでプレッシャーはありますが、きっとすてきなプリズムショーになると思います。ぜひみなさんの声を届けて欲しいです。ちなみに、カヅキ先輩を応援するとなったら、僕は客席に行って誰よりも声を出すつもりなので……負けないでください!


ながえ・りょうき8月26日生まれ。好きなスポーツはバスケットボール。主な出演作品に、ミュージカル「ヘタリア」(イタリア)、「Messiah メサイア -暁乃刻-」(御池万夜)など。12月より舞台「文豪ストレイドッグス」にも出演。


十王院カケル役 村上喜紀


――声優として活躍する村上さんですが、どのような思いで出演を決められたのですか?

村上 これまでにつちかった声優としてのスキルを活かして、舞台で十王院カケルくんを輝かせることができるのであればと思って、お引き受けしました。舞台の経験は過去一度しかないのですが、そんな僕を選んでくださったことにも何か意味があるはずだと思います。アニメで演じていらっしゃる八代拓さんに伝えたら「マジで!? 観に行く!」と言ってくださったのがうれしかったです。

――十王院カケルの印象は?

村上 一見チャラいけど、とてもまじめで努力家で頑張り屋です。やるときはやるところに憧れますね。僕も「楽しいことが好き」という点だけは共通しているので、笑いが絶えないカンパニーにできたらいいなと思います。


――最近「世界が輝いて見えた」のはどんな時ですか?

村上 この舞台への出演が決まったときに、一気に煌めきました。こんなにも愛されている作品ですし、たくさんの方たちの前で舞台に立てるという、役者としてこれ以上の喜びもありません。「カケル役が決まった! うれしい! 頑張るぞ!」という瞬間の自分の心を大切に、そのまま舞台上からお届けしたいです。

――舞台への意気込みを!

村上 実は、「KING OF PRISM by PrettyRhythm」、「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」の2作とも劇場で観て、応援上映にも参加していました。その熱気を感じている身としては、とんでもないプレッシャーですが、舞台版も合わせて「キンプリ」と言っていただけるよう頑張ります。生のプリズムの煌めきを感じてください!


むらかみ・よしき 10月29日生まれ。特技は和太鼓演奏。主な出演作品にTVアニメ「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!」(別府日彦)など。「獄中コンパ」(朽網純平)にて舞台に初挑戦した。


鷹梁ミナト役 五十嵐雅


――「KING OF PRISM」シリーズでミナトを演じている五十嵐さんですが、どのような思いで舞台出演を決められたのですか?

五十嵐 ミナトを絶対に演じたかったんです。ビジュアルの面で躊躇するところもありましたが、挑戦させていただくことにしました。キャラクターを立体化していく作業が最も大変であり、楽しいことでもあるので、ただアニメを追うのではなく、ここでの仲間たちとの出会いを大切にして、みんなで作り上げていきたいなと思います。そうしてできたものがアニメに持ち帰れたら、最高の相乗効果ですよね。


――あらためて、鷹梁ミナトのどんなところが好きですか?

五十嵐 ギャップのあるところ、ですね。普段は料理を作ったり、母性が強いイメージですが、実は「男」の部分があるんですよ。アプリゲーム「KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE」のミニストーリーを見ていても、新しい発見があるたびにおもしろいヤツだなと思います。台本次第ではありますが、舞台でも攻めていきたいです。

――最近「世界が輝いて見えた」のはどんなときですか?

五十嵐 甥っ子が生まれたとき。叔父さんになったことで、僕の中でものすごい革命が起きました。

――舞台への意気込みを!

五十嵐 おこがましいですが、二次元と2.5次元の橋渡しができたらいいなと思っています。ここまでいっしょに歩んだ濃厚な時間のなかで生まれた「キンプリ愛」を持って、僕にできることを考え、精一杯努めていきます!


いがらし・まさし 11月4日生まれ。劇場版「KING OF PRISM」シリーズにて、同役鷹梁ミナト役を務める。主な出演作品にアプリゲーム「A3!」(シトロン)など。アニメのほか舞台、レポーターなど多方面で活躍中。


西園寺レオ役 星元裕月


――西園寺レオにどんな印象を持ちましたか?

星元 女の子みたいな恰好をしているけど、本当は男の子らしくなりたい健気でかわいらしいキャラクターです。人を慕う気持ちや夢をめざす素直で好感が持てる男の子なので、僕もその気持ちを自分にまっすぐに演じていきたいと思います。


――ご自身の人生において「世界が煌めいて見えた」のことはありますか?

星元 僕は以前、一条シン役を演じる橋本祥平さんの舞台を見に行ったことがあって、そのときに「こんなにすてきな世界があるんだ」と舞台の魅力を知ったんです。まさに「世界が煌めいて見えた」瞬間でしたね。それがきっかけで役者を志し、今日まで役者を続けてきたんです。本作のシンくんと自分が重なって思えた瞬間でしたね。

――舞台への意気込みを!

星元 先輩である祥平さんを始め、共演者のみなさんの力を借りて、すばらしいものを作っていきたいと思います。かわいいアイドル衣装が映えるようなパフォーマンスを見せられたらいいなと思っています。レオくんに寄り添って、自分ならではの西園寺レオを作っていきたいです。


ほしもと・ゆづき 10月15日生まれ。毎回キャラクターごとに香水を変えるというこだわりを見せる。主な出演作品にミュージカル「スタミュ」(卯川晶)、「あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ~Judge of Knights~」(姫宮桃李)など。


涼野ユウ役 廣野凌大


――涼野ユウにどんな印象を持ちましたか?

廣野 中二病で、重度のツンデレ。すごく純粋で、強がっているのがバレバレなところがかわいい。自分の気持ちをうまく表現できない、不器用なところが好きです。僕もバンドで作詞作曲をしていたのが、ユウくんとの共通点ですね。ただ歌がうまいだけじゃなく、頭ひとつ飛び抜けたセンスのようなところを表現できたらいいなと思います。共演者のみなさんにも、そこだけは負けたくないです。


――最近「世界が輝いて見えた」のはどんなときですか?

廣野 人の良心にふれたとき。電車でお年寄りに席を譲ってる人を見ると「日本も捨てたものじゃないな!」と思います。僕も速攻で譲るようにしているのですが、断られたときの気まずさったらないですよね……。

――舞台への意気込みを!

廣野 他のキャラクターとの関係性もしっかり理解して、ユウという「人間」を作った上で、プリズムショーに臨みたいです。その瞬間に初めて二次元の実写化という「2.5次元」が成立するんだと思うんです。みんな、稽古前の準備段階から、それぞれのキャラクターについて深く考えているので、本番はとんでもない仕上がりになるでしょう! ……なんて、ハードルを上げましたけど(笑)。でも、そのくらい期待は高く持っておいていただいて大丈夫です。


ひろの・りょうた4月28日生まれ。特技はギター、アクロバットなど。主な出演作品にハイパープロジェクション演劇 舞台「ハイキュー!!」(作並浩輔)、超体感ステージ「キャプテン翼」(立花和夫)など。


舞台「KING OF PRISM-Over the Sunshine!-」
WEB http://kinpri-stage.com/
Twitter @kinpri_stage

東京:AiiA 2.5Theater Tokyo
11月8日(水)~11月12日(日)

千秋楽ライブビューイング開催
11月12日(日)全国の映画館にて17:00上演開始
チケット・詳細は公式サイトへ
CAST
橋本祥平(一条シン役)、小南光司(神浜コウジ役)、杉江大志(速水ヒロ役)、大見拓土(仁科カヅキ役)、横井翔二郎(太刀花ユキノジョウ役)、長江崚行(香賀美タイガ役)、村上喜紀(十王院カケル役)、五十嵐雅 (鷹梁ミナト役)、星元裕月(西園寺レオ役)、廣野凌大(涼野ユウ役)、内藤大希(如月ルヰ役)、spi(大和アレクサンダー役)、古谷大和(高田馬場ジョージ)、栗田学武(氷室聖)、前内孝文(法月仁役)
※出演者は変更になる可能性がございます。
(C)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ /「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」製作委員会2017

撮影江藤はんな、田上富實子、奥西淳二
取材キツカワトモ、志田英邦

おみくじ四兄弟webNewtype

  • webNewtypewebNewtype
  • 娘TYPE娘TYPE
  • 有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」
  • webNewtypewebNewtype