| PICK UP | 2018.09.14

Kiramuneの新ユニット「SparQlew」が実写ドラマに挑戦!

Kiramuneから誕生した若手声優・上村祐翔、千葉翔也、保住有哉、堀江瞬、吉永拓斗の5人による新ユニット「SparQlew」。昨年11月にWEBラジオがスタートし、今年3月にデビューシングルCD「ハジマリノソラ」を発売。そして、次の活動はWOWOW制作による実写ドラマ! 特殊能力をもつ彼らが事件解決に挑み、それをドキュメタリータッチで配信するというオリジナル作品「スーパーチューナー/異能機関」。SparQlewメンバーが、ドラマへ向けた熱い思いを語る。

「スーパーチューナー/異能機関」
9月14日(金)より、特設サイトにて無料配信開始(視聴には、WOWOW WEBの無料会員登録が必要です)
WEB https://www.wowow.co.jp/super-tuner/
Twitter @super_tuner_PR

STAFF
監督・脚本=中尾浩之
CAST
SparQlew(上村祐翔、千葉翔也、保住有哉、堀江瞬、吉永拓斗)

撮影福岡諒祠
垳田はるよ

新たなる挑戦が始まる!


――5人でのドラマ主演が決まったお気持ちは?

千葉:最初は冗談みたいな感じで「ドラマをやるかも」と言われていたので、企画が本当に進んでいて驚きました。僕たちにとってもチャレンジだし、スタッフの皆さんにとっても相当なチャレンジだと思うので、ガチな企画だと自覚してから緊張してきました。

堀江:ドラマをやると聞いたときは、こんなに長尺で、大掛かりなものになるとは思ってなかったんです。イベントの中で流す5分くらいものかな、と思っていたら、なんだか様子がおかしくて……。

保住:えっ、「WOWOWでドラマ~!?」って(笑)。3人(上村、千葉、吉永)が経験者なのはわかっていたので、僕と瞬の間では「舞台やったことある?」「ないよ、保住くんは?」「ちょっとだけ」「裏切り者~!」って。

堀江:……というやりとりを撮影前日までやっていました(笑)。

上村:ネットニュースでも話題になっていたし、別作品のアフレコ現場で会う共演者の方々にも「ドラマやるんでしょ?」と聞かれたりして、いろいろ不安はありました。でも、5人で一緒にできるというのは大きくて。5人だから生まれる空気感があると思うので、それが画面を通じて皆さんに伝わるといいなと思っています。無理に気負う必要はないのかな、と。

吉永:僕も気負いはなかったのですが、どんな内容なのかなとか、どんな手順で撮影するのかというのが、好奇心という意味で気になりました。あとはドラマだからセリフは覚えるんだろうなぁ、とか(笑)。中尾(浩之)監督から「ドキュメントタッチで撮るから、セリフもそんなにガチガチに覚えなくていい」と言われて、ホッとしました。



撮り下ろし写真と座談会の続きはこちらから!
無料会員登録でどなたでもお楽しみいただけます。



こちらの記事は会員限定です。
会員登録をすると
続きをお読みいただけます。

会員規約に同意して会員登録をする

おみくじ四兄弟webNewtype

  • フォト&エッセイ「健康で文化的な最低限度の生活」フォト&エッセイ「健康で文化的な最低限度の生活」
  • webNewtypewebNewtype
  • 有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」
  • webNewtypewebNewtype