| PICK UP | 2016.10.06

“最高を超えた”アニメ「ドリフェス!」第1話先行上映会レポート

写真左から、石原壮馬(天宮奏役)、溝口琢屋(及川慎役)、富田健太郎(佐々木純哉役)、村野佑太(監督)、加藤陽一(シリーズ構成)

破れるまで読んだ台本

ついにアニメ「ドリフェス!」第1話が完成。TV放送に先駆け、上映イベントが開催された。
会場入場時にはポスターと案内状、さらにメンバー5人のうちわがランダムに配布され、気分は高まる。
案内状には、「DearDream を結成し『ドリフェス!』出場に至るまでのドキュメンタリー」とある。……そう、これはアニメ上映イベントでありつつ、「ドリフェスの世界を体感する空間」なのだ。
なので、最初に行われた第1話の上映会も、アニメーションを見るというよりも、好きな子の私生活を覗き見&活動を応援する感覚。集まったファンの声援はハンパない!


会場が一体となった上映が終了すると、石原壮馬(天宮奏役)、溝口琢矢(及川慎役)、富田健太郎(佐々木純哉役)、村野佑太(監督)、加藤陽一(シリーズ構成) が登壇。上映会中の会場の女子の歓声をアニメ内のものだと思っていたというメンバー。溝口は「“リアルキャー”だったので、鳥肌が立っています」、作中のキーワード「『最高を超えた』かな?」「超えたー!!」で、客席とコール&レスポンスする富田。客席最前列で見ていたという加藤は「悲鳴が前からなのか後ろからなのかわからなくなった」とコメント。「ライブシーンでキャーって声が聞こえて、『うわっこれヤッバイなぁ』って」と興奮気味に語る石原には、「感想が奏そのもの!」と溝口&富田がすかざす突っ込む。


そして、登壇者による生コメンタリーつきで、第1話を再上映。
石原は初めてのアフレコだったそうで、セリフを全部暗記して挑んだという。「今見てもセリフ全部言えるくらい。破れるくらい台本を読んだ」と、当時を振り返る。
アニメではアプリゲームにはない、奏の家族との会話や、DearDream結成前のツンツンした純哉を見ることができる。また、男の子同士の青春群像劇を描きたかったという村野。「身体から湯気が出るくらい頑張っている様子」「ライバル心を剥き出しにしている奏と純哉」は、熱さと爽やかさを合わせ持つ青春ならではの姿が感動的だ。
ステージでの歌&ダンスシーンはCGなのだが、セル画との違和感がないよう気をつけているとのことで、楽曲はもちろんキャラクターの動きにも要注目だ。
また細かいこぼれ話としては、作中のキャラクター書き文字は、キャスト本人のもの。ダンスシーンの靴音なども、音響制作陣がレッスン場で本人たちのものを収録していったそうなので、マニアックに注目してもらいたい。
一番のトピックスは、村野による「僕は脱がすのが好きなので……」という謎のカミングアウト。確かにこのアニメ、裸が多い!?


裏話盛り沢山の生コメンタリーを終えた後は、フォトセッション。壇上のキャストを客席から撮影できる。ただし撮った写真はすべてSNSにアップするという約束で、会場は激しい連写音に包まれた。

フレッシュなキャスト陣&熱意あふれるスタッフ陣が贈る本作。 アニメ「ドリフェス!」の上映会は、本放送の成功を確信させる盛り上がりを見せた。



「ドリフェス!」
http://anime.dream-fes.com/
●毎週[金]22:30~TOKYO MXほかにて放送中
STAFF
原作=BN Pictures 原案=BANDAI 監督=村野佑太 シリーズ構成=加藤陽一 アニメキャラクターデザイン=芳川弥生 音響監督=菊田浩巳 音楽=伊藤賢、高橋諒 音楽制作=ランティス、サンライズ音楽出版 アニメーション制作=BN Pictures アニメーション制作協力=亜細亜堂
CAST
天宮奏=石原壮馬 及川慎=溝口琢矢 佐々木純哉=富田健太郎 片桐いつき=太田将熙 沢村千弦=正木郁 風間圭吾=戸谷公人 黒石勇人=株元英彰 三神遙人=森川智之
©BNP/BANDAI, DF PROJECT



文:垳田はるよ

おみくじ四兄弟webNewtype

  • webNewtypewebNewtype
  • 娘TYPE娘TYPE
  • 有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」有名声優とアフレコ共演できるアプリ「潜入ゲーム1st Story」
  • webNewtypewebNewtype