| PICK UP | 2020.01.17

「Kiramune Presents TETSUYA KAKIHARA LIVE TOUR 2019 “TO THE STARTING OVER”」千葉公演レポート

通算7枚目のミニアルバム「GET OVER HERE」を9月にリリースした柿原徹也が、10月から、全国6都市を巡るライブツアーを行なった。「STARTING OVER」(=再起動)と冠したライブに込めたその思いとは? 今回は2019年11月9日(土)に千葉・舞浜アンフィシアターで行われたツアー3公演目のライブをレポートする。

飄々としたなかに見せる
アーティストとしての存在感


骨太でテンションの高いバンドサウンドがステージに鳴り響くなか、ポップアップで登場した柿原。ライブは「前進アッペンダン↑^_^↓」から幕を開け、「Hands up」、「Sing it!」、「オンリースター」と、勢いのあるセットリストが続いた。フロントマンとしての柿原は肩の力を抜きつつも、力強い歌声でバンドのグルーヴを束ねていく。

MCでは、ファンに質問をしたり、もっているツアーグッズに言及したりと、客席との物理的な距離を感じさせない柿原らしさが全開。続いて「Get over you...」、「Othello」とダンサブルな楽曲で会場を踊らせた。


2回目のMCを経て、「今日という日の夜はめちゃくちゃ長いと思いますが、みんなで最高の舞浜初日をつくれたらと思います」とファンに伝え、「夜が」をしっとりと歌い上げた。そして「Start of LIFE」ではステンドグラスを模したモニター映像を背にして、荘厳なメロディをファンと響かせた。

ライブ後半には、ファンからの質問を読み上げるコーナーも。11月に訪れた北海道公演でのエピソードが披露され、バンドメンバーとの仲の良さを窺わせた。柿原のライブに参加するバンドメンバー、通称〝おかきバンド〟では、ライブ前に円陣を組むなどの〝お約束〟がないそうで、「この距離感が俺はすごい好き」と笑う。

ファンとバンドメンバー
共に歩んでつくりあげるライブ


「まだまだ盛り上がっていくぞ!」と柿原が叫び、疾走感あふれる「ray」へ。「パンドラ」、「ジェラシーメーカー」と、曲を追うごとに会場のボルテージは上がっていく。会場の熱気が最高潮のなか披露された「To the Next」は、本人いわく「一小節も休むところがない」という。この曲を、全力疾走で歌う柿原に、ファンも負けじとコールアンドレスポンスで返していく。


「年々ライブのセットリストがしんどくなっていく」と苦笑いの柿原だったが、ファンからの「かっこいいよ!」などの声援に、再び笑顔に。レコーディングではいつもライブをイメージして収録しているそうだが「いつも想像より遥かに上をいくライブを、客席の皆さんがつくり上げている」と話した。

「カントリーロード」、「Cheers!!」と、その後も力強く会場中を巻き込むステージングを見せる。その熱気をつくり上げる原動力は、何よりもファンの姿なのかもしれない。ラストの「アイコトバ」が終わると、柿原はステージから客席を見渡し笑った。


アンコールでは、このライブの翌日に結婚式を迎えるという親友に贈る曲として「Call My Name」を披露。優しい歌声を響かせる。

来年でアーティストデビュー10周年を迎える柿原。「1周年でも2周年でも俺にとっては大切な1年だから、特別なことではないけど」としつつも「10周年はある意味で再起動の年」だと話した。「TO THE STARTING OVER」には〝再起動するための助走〟の意味が込められている。

最後は、残念ながら最終公演が台風に見舞われた昨年のツアーでも歌った「通り風」。参加が叶わなかったファンも少なくなかったあの日を忘れないようにと、歌い続けているのだという。


バンドメンバーがステージを去るのを見届けると、ステージに残った柿原は、ファンひとりひとりに投げかけるよう「ありがとう!」と熱烈な感謝を伝えていく。バンドメンバー、そしてファンへの愛にあふれた9年目のライブはこうして幕を閉じた。10周年も、変わらず共に歩んでいくのだろう。

Kiramune Presents TETSUYA KAKIHARA LIVE TOUR 2019 “TO THE STARTING OVER”
2019年11月9日(土) 千葉・舞浜アンフィシアター

SET LIST
M1 前進アッペンダン↑^_^↓
M2 Hands up
M3 Sing it!
M4 オンリースター
M5 Get over you...
M6 Othello
M7 wundervolle Nacht
M8 Electric Monster
M9 夜が
M10 ごめんね、ありがとう。
M11 Start of LIFE
M12 ray
M13 パンドラ
M14 ジェラシーメイカー
M15 To the Next
M16 カントリーロード
M17 Cheers!!
M18 アイコトバ
EN1 Call My Name
EN2 通り風

© Kiramune Project

高橋めねぎ